接骨院・整骨院とは

「整骨院」、「接骨院」、「ほねつぎ」での治療

町でよく見かける「整骨院」「接骨院」「ほねつぎ」の先生を柔道整復師と言います。骨折・脱臼の処置や捻挫・打撲・挫傷などのけがに対して施術します。柔道整復師の施術の特徴は、けが等に対して人間本来が持っている「なおろう」とする力(自然治癒力)を十分に発揮できる環境をつくるところにあります。

東洋医学を基盤にして、西洋医学を取り入れながら心のこもった治療をおこなっています。柔道整復師とは、言うなれば最も人間にやさしい「けがの手当て」の専門家なのです。

整骨院・接骨院の上手な利用方法

整骨院・接骨院は手術などの外科治療や投薬などの薬物療法を行わず、人の本来持っている治そうとする力「自然治癒力」を高める治療をしています。日本古来からの民族医療として手技や温熱療法を中心とした人にやさしい療法です。

負傷した場合は、直ちに治療を受けることが望まれます。すぐ来院出来ないときの家庭内処置には、負傷状況によってそれぞれ異なりますので一概に述べることは出来ませんが、すぐに治るだろうとか自分で判断せず、直ちに最寄の整骨院・接骨院に電話して、応急処置の指示を受けたほうがよろしいです(その為には、電話帳などに最寄の整骨院・接骨院名を書いておくと便利です)。

捻挫、打撲(骨折、脱臼の疑いのある場合)は、安静にしてかつ患部をよく冷やす事。そして腫れ、痛みの程度をよく観察して、負傷原因、負傷月日、時間、場所等を明確に説明できるようにしておくとよいでしょう。

整骨院・接骨院では、骨折脱臼などのレントゲンが必要な負傷に対し応急処置を施し適切な医療機関への紹介を行いますので、負傷の軽重が判断出来ないときはまず整骨院・接骨院に相談したほうがよろしいでしょう。

負傷した後の入浴や飲酒は厳禁です。軽い痛みからだといって、安心してはいけません。これが骨折を招いている場合もありますので、必ず受診するようにして下さい。

  • 自分で判断しないでまず受診。
  • すぐ受診出来ないときは電話で指示を受ける。
  • 負傷の軽重が判断出来ないときは整骨院・接骨院に相談する。

整骨院・接骨院は手技を中心として、電気や光線などの痛みのない物理療法で安心して治療が受けられます。

整体師とかカイロプラクターとかとは、どのように違うのか?

柔道整復師の免許は、厚生労働省大臣免許の国家資格です。よってその資格の取得には、国家が認めた学校を卒業し、さらに国家試験に合格せねばなりません。

整体やカイロプラクターは、新しいタイプの医療類似行為者であり整体やカイロプラクターとも学校はありますが、厚生労働省が認可している訳ではないのです。依って、公的な資格が実在しません。

他にも、接骨院、整骨院では保険診療が基本となるのに対して、整体治療院、カイロプラクティク治療院では保険の利かない自由診療となる点などが上げられます。

また、我々柔道整復師は保健所への届け出をして開業しておりますが、整体やカイロなどは国に認められていないために保健所への届け出は出来ません。結果、当然のことながら、行政もそこで起こる問題には関与しません。

現在、「ツボ療法士」「足裏エステ」など、いろいろな名称や方法を標榜した無資格者による営業が行われています。それらの無資格治療院での事故例なども頻発し、社会問題となりつつあります。我々柔道整復師は、賠償責任保険に加入し、もし万が一、治療院内で事故が起きたとしても患者さんへの補償をおこなうことも出来ます。

無資格治療院にかかり事故に遭っても泣き寝入りになったり、示談交渉、また裁判へ発展することも考えられます。治療院にかかる前には問い合わせの上、正規の国家資格保有者にかかることをお勧めいたします。

ただし例外として、柔道整復師や鍼灸やマッサージの国家資格を持ち、その後にさらに積み重ねて、治療の一環として、そういった治療方法をおこなう国家資格者はいます。