こんな症状の方にも

内臓下垂調整法

内臓が消化不良を起こすと、食べた物の栄養を十分に吸収できなくなり、その弊害として肌荒れなど、様々なところに異常が出てくる恐れがあります。 その上に消化できないものを必死に消化しようとするため、胃酸が多く分泌され胃酸過多になります。 消化不良でありながら胃酸過多という最悪の状態になるのです。これは胃炎、潰瘍を起こす可能性があります。 下がった胃の状態は冷えています。冷たい胃のために、全身が冷え性になります。 内臓の冷えは妊娠しにくくなります。前立腺は冷え、肥大し、尿が出にくくなります。腸も冷えのため便秘にもなります。 内臓下垂状態は、下腹が出て背中が丸くなり、姿勢が悪くなります。

あなたの「内臓下垂」度チェック

  • ご飯を食べたあとゲップがよくでる
  • 便秘でいつも悩んでいる
  • 何をやっても集中力がなく、やる気が起こらない
  • 寝る前につい食べてしまうことが多い
  • 食後、へその下がポッコリお腹になる
  • 普段からあまり運動はしない

思い当たる症状はありますか?

1回の施術で胃、腸、子宮、腎臓、膀胱が正しい位置に上がり、胃や腸の調子が良くなることがわかっています。

※基本的には保険診療外(5400円)になりますが、お問い合わせください。