最近の記事

»全ての記事

注意欠陥・多動性障害。 フフフ。

2012年5月10日 カテゴリ:ブログ

お疲れ様ですm(__)m

びっくりするくらい昼寝したカワラダです。

これで今宵は完璧ですね。

最近よく「先生のブログ見てるよー 面白いねー」と言われることがあります。

僕もそー思います。

あははははー

アップした後に自分で読み返して、笑ってます

「こいつバカだなー」って。

あははははー

本当です。

ぜひ 僕を見かけた際には声をかけてくださいm(__)m

「ブログ見てます。そして愛してます」と。

女性限定ですが。

えーと、今日は治療ネタを少し・・・・・

まだ2例ではございますが

注意欠陥・多動性障害http://www.stagweb.com/ganbaru/tado/shindan.htmlの治療をしました。

(脳内たんぱく質CIN85とトラウマ解除です。ちょっと触るだけで、痛くしたりしません)

一人目 入学前男児

:待合室でも落ち着きがなく動き回り、治療室でも椅子を回したり騒いだりと大変でした。

治療後はベッドに横になり、お母さんの膝枕で気持ちよさそうでした。 ついでにお母さんの深いトラウマも解除しました。 子供の行動を認めてあげられなかったんですねー 重症でした。お母さんが周りに認めてもらうには「うちの子はこんなではいけない!」と思いこんでました。

その後、母子ともに調子がいいです。とメールもらいました。

これ見たらまたメールくださいねー

2人目 小学2年男子・・・問題児

授業中も歩き回ったり、落ち着きがなく。周りとの協調性ゼロ。遊びに来てもゲームなどを独り占め。

他人がやってるのを待ってることができないなど・・・

治療後は、授業中に歩くことがなくなり、協調性がでてきて優しくなった。とのこと。

・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに。「うちの子はうるさいけど元気がいいだけなんだから、これでいいんだ」と思っていればそれでいいんです。

それでとてもいいと思います。

これじゃいかんでしょ!!と思う方はご相談ください。

できる限りのことをさせていただきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・

いいねー 俺。 ヒューヒュー俺。 やっぱり我慢できませんでした。

レッツ自画自賛。

これがなければ「真面目な先生」になれるんだろうけどねー

残念。 俺には無理。

しかし、治療は正確にしっかりと致します。自信あり。

フフフ。

さーて、今日もいいところに着陸しはずですので、仕事に戻ります。

ということで、ここに来てくれた人だけの幸せを祈りながらこの日記を

毎日素敵なブログを書いてる方すべてと

脳内物質研究家の方すべてと(誰か面白い情報ありません?)

さっき来た親戚のねーちゃんに

贈ります。

こやつ・・・大病院に勤めてるんだけど・・・・先日 病院の交換を使って電話をよこしやがって

病「いつもお世話になっております。弘前○○病院でございます。リハビリテーション科の○○より・・・・・」

ってさ!!!超ビビったよ!! 普段電話が来ることなんてない所からだからさーーー

俺「あ。あ。 ども・・・・お世話みなってみゃす」ってカミカミになってしまった。

もうやめてくれ。

あははははー

どーれー 仕事すっか。